SDカードの容量が少なくなったケースでプレゼンテーションを更新した場合、BrightAuthorからのプレゼンテーション更新の方法によって、以下のような動作となります。

 

ネットワーク経由で運用の場合(ローカルネットワーク、シンプルファイルネットワーク)

更新の際、自動的に使用しなくなったコンテンツの削除を行います。したがって、SDカードの容量オーバーで更新が不可になることはありません。

 

スタンドアローンで運用の場合(ローカルストレージ)

BrightAuthorから書き出す際、不要なコンテンツの削除は行いません。

したがって、運用中のファイルを手動で削除をせず、上書きで出力すると容量オーバーになった時点でBrightAuthorから出力することができなくなります。

スタンドアローンで運用する場合は、更新毎に運用中の古いファイルを削除してから出力してください。

また、USBメモリーに出力してUSBメモリーでコンテンツの更新を行う場合もSDカード内のファイルの削除は行いませんので、定期的に手動で削除を行ってください。