1. BrightAuthorの設定

メニュー > 編集> 環境設定 を押し、環境設定の編集 画面を表示します。
「ネットワーキング」タブをクリックし、「BrightSign ローカルネットワーキングを有効にする」にチェックを入れます。

 

2. BrightSign Unit Setupの設定

1) メニュー > ツール > BrightSign ユニットの設定 を押します。

 

2) 識別しやすいように、「名前」に任意の名前を入力します。

 

3) 「詳細ネットワークの設定」を押してIPアドレスの設定をします。
「有線」タグをクリックし、IPアドレスの自動取得か固定アドレスの設定を行います。
- IPアドレスの自動的に取得
- 次のIPアドレスを使用(推奨) :IP アドレス / サブネットマスク / デフォルトゲートウェイ = 必須項目です。

 

4) 「ユニット設定」にて、「ローカルファイルネットワーキングでネットワーク接続」にチェックを入れます。(B画面中央)

5) 右下にある「画面の色」を黒以外の任意の色を設定し、画面右下の「設定ファイルの作成」を押しSDカードへ書き込みます。

 

3. BrightSign筐体での作業

2.で設定ファイルを書き出したSDカードを取り付けて電源を入れます。
起動後、設定ファイルを自動で読み込み再起動がかかりし、準備が完了すると、2. 5)で設定した色の画面となります。

 

4. ローカルネットワーク書き出し

3.で差し込んだSDカードをそのまま残し、BrightAuthorより書き出しを行います。
画面左下にある「書き出し」にある[+]マークを押し、IPアドレスを入力します。
「ネットワーク接続されたユニット」に表示されたBrightSignを選択し、「書き出し」ボタンを押します。