BrightAuthorの「File」-「Presentation Propetries」-「Interactive」のTouchの項目で設定が可能です。