パブリッシュされた後のデータからプレゼンテーション ファイル(.bpf)を復元する方法

※ 復元したプレゼンテーションファイル(.bpf)はそのまま使用せず、
  内容を参照し新規プレゼンテーションを作成してください。

1. SDカード内の「local-sync.xml」を開き、「~.bml」ファイルを探します。
  例: Project1.bml

2. 「~.bml」ファイルは名前が変わり拡張子無しのファイルとして、SDカード内の
  poolフォルダに保存されています。
  保存場所は、「local-sync.xml」内の「~.bml」ファイルと合わせて、
  [link]欄に記載されています。
  例: [link]pool/e/3/sha1-c5934e6e8b8eef1274fcbbd1d410008ba1ead5e3[/link]
  名前変更された拡張子無しのファイルをコピーし、任意の場所へ保存します。

3. 保存したファイル名を1.で確認した名前に変更し、拡張子の変更「.bml」→「.bpf」
  をおこないます。
  例: Project1.bml → Project1.bpf