スプラッシュスクリーン(起動時の表示画面)の変更

BrightSignプレイヤーは起動時もしくはSDカードが実装されていない時(SDカードの読み込みエラー時)にメーカーロゴ(BrightSign)、ファームウェア情報、IPアドレスなどを表示します。
この表示する画面をスプラッシュスクリーンと呼びます。BrightAuthorの機能を使用すれば、スプラッシュスクリーンを変更できます。
timeset2

*登録する画像ファイルの解像度が大きすぎると、IPアドレスやファームウェアのバージョンが見えなくなりますのでご注意ください。

下記の手順でスプラッシュスクリーンを登録します。
Tools > Setup BrightSign unit > Splash Screen > Custom Splash Screen
timeset2

スタンドアロンで使用する場合は、「スタンドアロン」にチェックをし「Create Setup Files」をクリックしmicroSDカードに保存します。
保存したmicroSDカードをBrightSignに実装し電源を投入するとスプラッシュスクリーンがBrightSignの内部に保存されます。設定確認後、SDカードを抜きます。