どんな要素が同期(synchronize)に影響を与えますか?

1. 旧モデルのHDx10(HD210、HD210w、HD1010、HD1010w)、HDx20(HD220、
 HD1020)、LS422プレイヤーでは画像ファイルの再生が遅くなることがあり
 ます。 これらのプレイヤーの同期については、常に動画を使用することを
 おすすめします。
 こちらから同期のための最良なコンテンツタイプをご確認ください。

2. BrightWall機能を使用するか、マスターとスレーブのプレゼンテーションで
 Enhanced Synchronizationを有効にすると、ビデオファイルの同期がより
 スムーズになります。
 ※BrightWall, Enhanced Synchronizationはビデオファイルにのみ有効です。

 Enhanced Synchronizationされた同期は、ファイル > プレゼンテーションの
 プロパティ > インタラクティブタブで有効にすることができます。
 BrightWallでは、自動的にEnhanced Synchronizationが有効になります。

 Enhanced Synchronizationを使用しない場合は再生の先頭と最後でビデオを
 同期しますが、Enhanced Synchronizationを有効にすると、再生中も同期を
 保つために通信が行われます。
 Enhanced Synchronizationを有効にしていない同期では、ビデオは最大で
 1.5フレームのズレが生じることがあります。

 Enhanced SynchronizationはHDx10プレーヤーではサポートされていません。
 HDx10では、短い動画を使用してください。

3. BrightSignプレイヤー間で画像ファイルを同期させる場合、画像サイズと
 フォーマットは同じにする必要があります。

4. ビデオファイルを同期する場合、ビデオファイルの解像度を同じにし、
 固定ビットレート(CBR)でエンコードする必要があります。

 ビデオファイルのビットレートは、1080p以下のビデオファイルの場合は25Mbit/sを
 超えないようにしてください。
 4Kビデオファイルの場合、ビデオファイルのビットレートは40Mbit/sを超えないよ
 うにしてください。
 ※h.265, h.264では固定ビットレート(CBR)で書き出ししても設定値のビット
  レートを変動します。ビットレートは余裕をみた値を設定してください。

 旧モデルのHDx10モデルを同期で使用する場合は、ビデオファイルにオーディオ
 トラックがないことを確認してください。

 LS422、HDx20(HD220、HD1020)、HDx22(HD222、HD1022)、
 XDx30(XD230、XD1030、XD1230)、XDx32(XD232、XD1032、XD1132)
 または4K(4K242,4K1042,4K1142) はビデオファイルにオーディオトラックを
 持つことができます。
 マスターユニットが ビデオとオーディオを持つ場合、スレーブデバイスもビデオと
 オーディオを持つ必要があります。
 ビデオとオーディオは、同じ長さにする必要があります。
 この条件を満たしていなケースでは、問題が発生する可能性があります。
 通常は1つのデバイスからオーディオ出力し、その他のデバイスからは音声を出力
 しない方法を推奨します。

5. プレゼンテーションの再生にはClass 10 SDカードを使用することを
 お勧めします。
 BrightSign SDカードはテストされ、同期されたプレゼンテーションでうまく
 動作することが確認とれています。
 ※すべてのプレイヤーで同じSDカードを使用する必要があります。

6. すべてのプレイヤーで同じファームウェアバージョンを使用する必要があります。
 またプレイヤーのプレゼンテーションは、同じBrightAuthorバージョンで作成する
 必要があります。 ダウンロードページにある最新のBrightAuthorバージョンと
 ファームウェアバージョンを使用してください。
 ダウンロード:メーカーサイト

7. ワイヤレスでの同期はサポートしていません。
 同期は、ローカルネットワーク上の有線接続用にのみ設計されています。

8. プレイヤーが正しく同期するには同じ製品シリーズで統一する必要があります。
 < 例 >
 同期OK = XT1143とXT243、HD1023とHD223 など
 同期NG = XT1143とHD223、XD1033とLS423 など