同期

※ このサンプルプレゼンテーションを開くには、BrightAuthor 4.3.0.16以上を
  ご使用ください。
※ WiFi Beaconモジュールを使用しての同期再生はサポートしていません。

同期サンプル

マスターのプレゼンテーションの作成
タイミングを合わせる為に、先頭のコンテンツは静止画を配置し、
10~15秒で次のコンテンツへ移行するように設定します。
切替を行うすべてのトリガーに同期の設定を行います。
コンテンツを結ぶイベントの EDIT > ADVANCEDタブ > ADD COMMAND > LINK – SYSNCHRONIZE [ 任意の文字 ] を設定します。


SYNC_M

スレーブのプレゼンテーションの作成
全て「Synchronaize Event」でコンテンツを結び、マスター側で設定した[任意の文字]を設定します。


SYNC_S

機能別設定例のPage24以降も合わせてご参照ください。