1. 基本的な流れ

[Step 1]
 付属の無償ソフトウェア「BrightAuthor」を使用して、コンテンツのレイアウト作成から、
 プレイリスト作成、インタラクティブ機能の設定、スケジュールの作成行います。

[Step 2]
 BrightSignに取り付けるSDカードに、Bright Authorで作成したプレゼンテーションを
 書き出し(パブリッシュ)し記録させます。
 (BrightSignには内部ストレージがありません)

[Step 3]
 SDカードをBrightSignに取り付けて再生させます。

※ SDカードは別途ご購入が必要です。
  推奨 : SDHC Class10 , SDXC

※ ストレージメディアのフォーマットは、FAT32をご使用ください。
  NTFSフォーマットでも再生は可能ですが、BrightSignに取り付けている間は
  Read Onlyとなるためネットワークを使用した書き出し・ログ収集が行えません。
  ただし、4GB以上のファイルを取り扱う場合は、FAT32の制限によりNTFSを
  使用する必要があります。